いぼ痔を妊娠と出産で経験しました

いぼ痔を、妊娠・出産を通して私は人生で発症してしまいました。
まさか自分がいぼ痔になるなんて思ってもいなかったので、とても大きなショックを受けたのを覚えています。
妊娠後期、子宮が下がってくるにつれて患部に違和感を覚えるようになり、いつの間にかいぼ痔になっていました。

出産が近づくにつれてどんどん違和感はひどくなり、出産のいきみでかなり悪化し、私の場合痛みはさほどなかったのですが、処方された薬を塗り続けてもなかなか治らず苦く辛い経験をしました。
いぼ痔で一番辛かったのは違和感でした。
立っていても座っていても違和感に悩まされ、落ち着かない日々でした。
妊娠・出産が原因でいぼ痔を発症するケースはよくあるそうで、これは経験しないと分からないことだと痛感しました。
出産から8か月経った現在は、ほとんど完治しました。
違和感もなく、痛みもありません。
当時のことを思い出すといぼ痔のない今の幸せを感じます。
またこの先子どもができたとき、いぼ痔になると思うと憂鬱ですが、幸せな段階だと思うと頑張れる気がします。
これが私のいぼ痔の経験話です。

いぼ痔の原因って他にも色々とあるんですよね。
これを機会に、今後、痔にならないように、気をつけたいと思っています。
→痔の原因について、覚えておきたいなら、こちらがおすすめですよ。痔の原因
みなさんも痔にならないように気を付けてくださいね。

Comments are Closed on this Post